ラッピング

b0291347_13755100.jpg

壁全面を覆っているものは透湿防水シートです。
このシートは湿気を通してくれるので、壁の中を乾燥状態に保ちます。
しかも水を通さない為、万が一外壁内に水が浸入しても躯体内部への浸入を防いでくれます。
[PR]
# by sekkeiten | 2013-10-18 07:20 | 一里塚コートハウス | Comments(0)

屋根完成

b0291347_11383290.jpg

屋根は緩勾配のガルバリウム鋼板です。
打ち合わせの中で「キューブ型の四角い家がいい」と希望がありましたので、
なるべく四角くみえる様に5/100勾配の無落雪屋根としました。

無落雪屋根とは、雪を落さずに乗せたまま自然に溶かすという方法です。
敷地に雪を下ろす場所が無い場合に採用されます。

そこまで積もる事は少ない地域ですが、
松本市は積雪量78cm(単位重量20N/cm/m3)とありますので、それを考慮した構造とします。
計算上は500年に一度程度発生する積雪による力に対して倒壊、崩壊等せず、
50年に一度程度発生する積雪による力に対して損傷を生じない構造となっています。

5/100で長尺立平葺きですと瑕疵保険がききます。
今回は水密性に優れた立平葺きタイプのS&W工法を採用しています。
[PR]
# by sekkeiten | 2013-10-17 07:10 | 一里塚コートハウス | Comments(0)

唐草

b0291347_11161239.jpg

屋根先の 唐草が付きました。
唐草は水切れを良くする役割があり、屋根材が風であおられないように、しっかりつかむ部分になります。
今回はひと手間かけて唐草の前にコの字型の役物を入れて、広小舞の腐食を防いでいます。
[PR]
# by sekkeiten | 2013-10-16 07:10 | 一里塚コートハウス | Comments(0)

デッキ下

b0291347_111094.jpg

中庭デッキの土間配筋です。
デッキ下に土間を打つことで、地面からの湿気と草を防ぎます。
水はけを良くする事で木のデッキ材でも腐りにくくできるのです。
[PR]
# by sekkeiten | 2013-10-11 07:10 | 一里塚コートハウス | Comments(0)

給水給湯

b0291347_10405162.jpg

床下の配管工事完了。
サヤ管ヘッダー工法です。
複数同時に使用しても流量変化が少ない安定した給水給湯が得られます。
メンテナンスできるように床下は人が通れるようにしておかないといけません。
配管経路も考慮して基礎の設計をしています。
[PR]
# by sekkeiten | 2013-10-10 07:00 | 一里塚コートハウス | Comments(0)

耐力壁

b0291347_164317.jpg

面材が張られ始めました。
耐力壁は筋交いと構造用のパネルの併用です。
このパネルは防火や透湿の効果もあるので全面に張ります。
[PR]
# by sekkeiten | 2013-10-09 07:10 | 一里塚コートハウス | Comments(0)

小さな設計店の素直に綴る日々。


by sekkeiten

画像一覧