<   2014年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

みんなでつくってます。

b0291347_1255176.jpg

今日は一日キムGの助手です!
いよいよ古材の梁を取り付ける日がきました!
まずは墨出しから。
最も重要な作業です。相談・確認しながら印をつけていきます。


b0291347_1254248.jpg

驚きの設計士自ら仕口の加工。失敗はゆるされない。緊張しながらノミを叩きました。


b0291347_1264843.jpg

そしてさらに驚きの住まい手自らボルトの箱彫り作業!すごい光景です!
みんな夢中になって梁加工を楽しんでいます。


b0291347_1282639.jpg

その間、枘穴加工とボルトの座彫り加工!
これを間違えたら台無し。
人知れずプレッシャーを感じながら高さと水平をだし、慎重に作業しました。


b0291347_1265188.jpg

いよいよ取り付け!
何回も上げたり下ろしたり調整しながら入れようと考えていたのですが
まさかの一発でガッチリ入りました!これは奇跡です!

とーても良い感じ!本日のメインイベントが完了し、みんな達成感に満ちあふれています。
とても気持ちの良い1日でした。
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-31 02:03 | 暮らしづくりの物語 | Comments(0)

壁仕上がる

b0291347_203235.jpg

外壁の漆喰が塗られ、いよいよ完成間近です。
木部は色無しの塗料を塗り、木目を活かした仕上がりです。
しっとりと落ち着きのある玄関になりそうです。
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-28 15:07 | 伊深の玄関リフォーム | Comments(0)

ストックオープン!

b0291347_2035336.jpg

古道具の燕さんで毎月1回行われている「ZUBAKURO STOCK OPEN」へ!
大きな倉庫に面白いものが沢山あります!!
やっぱり古いものは良い!素材が良いから時間がたっても味が出るし
カタチもひとつひとつが独特です。しかも丁寧に造られています。
現代の大量生産品では、この感じは出ないでしょう。
何に使うかわからないものも、アイデアひとつでとても素敵なものになったりします!
すぐには思いつかないので、気になるものは採寸してまた次回に持ち越そう。
今日は小さな椅子と青い電話を購入しました。
訪れている人も色んな方がいてお話するだけでも楽しいです!
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-28 13:35 | 日常 | Comments(0)

飯綱という場所

b0291347_14282955.jpg

去年まで在籍していたnews設計室の見学会を見に飯綱へ
会場に行く前にnews時代の初担当物件である小さな山荘へ。
もう完成してから7年くらいかぁ。この時はわからない事がいっぱいで不安の毎日だったなぁ。
としみじみ時の流れを感じました。しっかりと使われている様子なので嬉しい気分で会場へ向かうのでした。
この小ささで浴室とトイレ、キッチンにロフトまであるのです!これくらいの別荘が欲しいですねぇ。

b0291347_1429894.jpg

図面はかいていたが現場を見ずに完成を見るのは初めてかもしれません!
なんだかとても不思議な感じ!やはり薪ストーブ前の空間が魅力的。
室内に入って真っ先にそこに向かい、座りました。
うん。ずーと座っていられる。

b0291347_14293975.jpg

その後、もう1件まわって帰路につきました。
ここはボクがまだ大学生で勉強に来ていた時に訪れた物件。
いつみても森の中に馴染むひっそりとした佇まい。

飯綱は遠い森ですが思い出の詰まった特別な場所かもしれません。
初心を思い出したい時はここに来よう。
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-25 15:20 | 日常 | Comments(0)

午前中は水辺のマルシェ

b0291347_14205262.jpg

この日はナワテでもイベントがありました。
一昨日お知り合いになれたnuno*ito asobiのお店で木のボタンとドリップバックを購入。
このドリップバック、なんと珈琲を飲んだ後で工作ができるというもの!
早速作って窓辺に吊るそうと思います。
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-25 09:30 | 日常 | Comments(0)

クラフトフェアへ

b0291347_1553185.jpg

の前に69クラフトストリートに行きミナの手ぬぐいを購入。
その後池上邸で行われていた末草の方舟展へ
実は昨日も行ったのですが、もう一度見たくて、そして見せたくて再来。
無機質なものなのにとても温もりを感じる。空間に対する作品のボリュームと配置が絶妙です!

b0291347_1513612.jpg

会場に到着して少し見てまわっていると、キムG一家のパフォーマンスがスタート!
今年は「いただきます」と賑やかに会場を飛び回っていました!最高です!



トムヤムフォーとタコライスを食べながら休憩。
毎年ながら人が多いので見て回るのも体力が必要です!
こんなに人が多いのに中学の同級生と2人と遭遇!すごい奇跡!まさかの松本で15年ぶりの再会!

b0291347_14184559.jpg

松本の夜はまだまだ終わらない。
最後は御神輿が登場して大盛り上がり!!
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-24 22:17 | 日常 | Comments(0)

前日

b0291347_14331040.jpg

クラフトフェア前日。
まずは美術館で行われたkanieのファッションショーを観に。
音と衣と動の競演!とても素敵な世界観!美術館の中庭がその独特な空気に包まれ
スーッと大きく深呼吸した時の様な気持ちの良さ。

そのあと会場で遭遇したともこさん夫婦とまち歩き!
素敵なお店やお友達を紹介して頂きました。ずっと忙しく日々を過ごしている中で
見逃していた事が沢山ある事に気づきました。こんな近くにこんな魅力的なお店があったなんて!
翌日、さっそく中町の陶片木さんに行き、ガラスのようじ入れを購入したのは言うまでもありません。

b0291347_1505525.jpg

今年の松本は夜もイベントがあったのです!
音楽やパフォーマンス、クラフト体験など、今までに無い盛り上がり!
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-23 11:30 | 日常 | Comments(0)

ちょっとそこまで梁を買いに

b0291347_1742936.jpg

梁を買いに古材屋さんへ
ありがたい事に候補の梁を並べてくれました。
さて、どれにしましょう。古民家ってイメージではないから力強いのは違うし
せっかくならこの面白い梁にする?いや梁だけ面白くても浮いちゃうんじゃないかな?
この大人しいのにしよう!ほどよく味わいもあるし
と話し合いをしているだけでも楽しいのですが、決めた梁をそのまま乗って来た車に
くくり付けて帰るという行動自体がとても面白い。

今日は色んな人が出入りして賑やかな作業!
みんな自主的に訪れては作業に没頭しています。
動物が巣をつくる様に人間にも暮らす場をつくる本能があるのだと思いました。
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-22 10:02 | 暮らしづくりの物語 | Comments(0)

土肥農園さんの看板

b0291347_9513214.jpg

去年の夏に設置した看板です!
デザイン・製作・設置をやらせて頂きました。今思い返しても楽しい作業でした。
さて、今日は何しに来たのかと言いますと、倒れない様に下に引っ張っている重りの交換です。
この重りが冬に割れてしまったのです!おそらく凍結によるもの!
見た目が可愛いかったのでテラコッタタイプの重りにしたのがいけなかったですね。
コンクリートの重りに交換して作業終了!

土肥農園さんは美味しいスイカをつくっています!
看板もスイカの様にひとくちかじられたカタチにしました。
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-19 13:49 | デザイン | Comments(0)

暮らしづくり!

b0291347_17404884.jpg

古道具「燕」さんから教えて頂いたガレージセールで、たまたま来ていた漫画家・エッセイストである
鈴木ともこさんご夫婦を紹介して頂きました。
なんと!古い家を自分達で改修中との事!
それは興味津々!是非機会があったら伺いたいなぁっと思っていたところ
後日。なんと事務所の前でばったり遭遇!これはきっとなにかのご縁!早速伺ったのです!
改修中のおうちはリビングダイニングの天井がアールになっていたり、奥には仕事部屋として使うのに
丁度よい大きさの部屋があったり、しっかりとした和室や縁側、庭まであるという面白い物件!
こんな街中にこんな場所があったとは!

内部を見せてもらいながら、家を決めるまでのエピソード、暮らしの考え方などを聞き
暮らしについてとても丁寧な考えの持ち主、うんうんそうそうと共感できるフレーズがたっぷり!
この改修工事も様々な出会いやご縁の力によって進められている事を知り、
暮らしづくりは本来こういうものなんじゃないだろうか衝撃を受けたのです!
これはぜひ参加させていただきたい!と時間が出来るとすぐ手伝いに行く事にしたのです。
設計士なのに作業好きというボクとしては暮らしを造る作業に参加するほど楽しい事はないのです!

しかもありがたい事に押入れと仏間、郵便受けの設計を任せて頂ける事になりました。
考え方どころか人柄もとっても魅力的な、ともこさん一家が楽しんで過ごせる素敵空間にしたいと思います。乞うご期待。
[PR]
by sekkeiten | 2014-05-18 15:36 | 暮らしづくりの物語 | Comments(0)

小さな設計店の素直に綴る日々。


by sekkeiten

画像一覧